浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.134 (4/18)

史上最高の舞台へ。上位対決で挑む”さいたまダービー”

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ホーム埼スタに湘南ベルマーレを迎えての一戦でした。激闘の韓国アウェーを終えて、昇格チームの湘南との対戦ということで、気持ちのエアーポケットに入ってしまいそうな雰囲気の試合になりましたが、取りこぼすことなく2-0で勝利することができました。埼スタには36,477人が集まり、今のサッカーへの期待が表れている観客動員数だったように思えます。

豊田:こういうゲームを落とさなくなりました。苦戦しましたが「悪いなりにまとめる」という戦力とモチベーション維持が困難なことはご存知の通り。埼玉スタジアムからの帰り道ではファンの間から「このゲーム、危ないと思っていた」という言葉がもれ聞こえていましたが、同意です。韓国での非常に苦しいアウェー戦をこなした後であることも考えると、ミシャ監督以下の現場スタッフに敬意を表すしかない。戦い方を一貫させた上でターンオーバーの人員を用意し、結果も残す。このあたりが戦術継続を提唱しながらもなかなか結果に結びつかなかったフィンケ体制とは違うところでしょう。埼スタの動員のもの足りなさを指摘する声もあるようですが、やはり特筆すべきものと思います。動員記録トップに関してレッズは2003年から3年に渡って新潟に王座を明け渡した経緯がありますが、アルビレックスも今季は上位対決が続きながらビッグスワンに3万人を集められずにいる(注:浦和戦=3月30日 29,095人)。この動員数と雰囲気を作り続けている埼玉スタジアムは、やはり誇るべき場所と言えるでしょう。

(残り 2071文字/全文: 2774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ