浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.135 (4/23)

かつて感じたことがないくらいにヒートアップした”さいたまダービー”

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、敵地のNACK5スタジアム大宮にて、“さいたまダービー”大宮戦でした。2位浦和、3位大宮という上位同士で迎えた対決ということで、戦前から注目を集めることになったダービーとなりました。“大宮公園”には、史上最多となる13016人が集まり、このダービーを盛り上げていました。チケットはプラチナチケットと化して、発売日には、チケットは瞬殺。発売開始3分待たずと売り切れてしまう状況でした。試合前からチケットを求めるサポーターも数多く見受けられました。

豊田:私の周囲にもぞろぞろ難民がいた。こういう状況はタイトルを賭けた対戦以外ではJでは久しぶりでしょう。「お前は取材で見れるんだろ」などという根も葉もない非難?も食いましたが、メディアパスも入手困難な注目度だった様ですね。

椛沢:メディアの注目度も高くメディア席もなくなるくらいの取材陣の数だったようですね。レッズサポーターはこの日のために、特別なビジュアルを用意しました。赤白黒のレッズトリコロールを各サポーターがビブスを着ることでカラーリングをして、90分間スタンドはこのトリコロールに彩られました。また、中央には、お馴染みのPRIDE OF URAWAのメッセージが描かれた巨大ゲート旗を掲出しました。このビブスでのサポートは、09年のカシマスタジアムでのリーグ開幕戦以来のサポートでした。

(残り 2289文字/全文: 2930文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ