浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2013ライブディスカッション 「次のダービーが優勝への基準になる」

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。5年ぶりの出場を果たしているアジアチャンピオンズリーグは、最終戦に一縷の予選リーグ突破可能性を残し、リーグ戦は3位につけるなど、まずまずの成績を残した序盤戦を展開している。現状のチーム状態はどうなのか。各選手達の様子なども交えてお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

photo by(C)Kazuyoshi Shimizu

リーグ戦では好調維持もアジアの戦いで苦戦。

椛沢:ここまでの流れをみるとリーグ戦は昨年に比べて勝ちきれるようになったように感じるけれども、ACLでは決定力に物足りなさを感じるという序盤戦の印象です。ここまでのチームの出来としては、総括的にはどうでしょうか。

河合:ACLの戦いは自滅だと思う。なぜ自分たちでゲームを難しくしているのかと思うようなゲームをした。しかし、これは今後の良い経験になると思っている。リーグ戦に関しては、大宮戦はあったけれども、方向性は間違えていないのだから、下を向くことなくやり続けること、最後に笑えば良いんです。

椛沢:リーグ戦で通用するところが、アジアでは通用しないというレベルの差を感じるところもあります。特に勝負を決める部分での物足りなさを感じる。試合の駆け引きにおいても足りないと思いますね。

河合:試合の駆け引きがイマイチなのは確かで、そこで自滅に繋がっていると思う。ホームで負けた全北戦もあり得なかった。

椛沢:前半にあれだけ圧倒をしていて、後半大逆転を許してしまうのは、厳しいですね。

河合:アジアはアウェーで戦う難しさはあるのだと思うけど、アジアを勝ち抜いていくためには、ホームでは勝利をして、アウェーでは最低限引き分けをするという星の取り方と戦い方をしないといけない。

椛沢:苦しい展開の時に点が取れる選手が、アジアを優勝した時にはワシントン、ロビーという選手がいましたが、今のレッズは良いサッカーをした中で、崩して点を取る形が多く、苦しい展開の時に点が入ることはほとんどない。そういう力がアジアでは求められるのではないかなと思います。

(残り 6582文字/全文: 7497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ