浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2013ライブディスカッション「レッズが育てた才能・原口が芽生える時」

Photo by(C)Kazuyoshi Shimizu

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。早くも9試合を消化。成長著しい原口元気選手など、ここまでの各選手達の様子や評価について、お話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

ど根性男・那須大介は苦労人

椛沢:新加入選手では、那須大介選手はどうでしょうか?入団会見でも気迫を見せると言っていましたが、その宣言とおり、気合のプレーでサポーターの心を既に鷲づかみしています。プレイヤーとしてのレベルも高いですよね。

河合:彼は、ど根性男だよね。そしてクオリティーが高い。本人は中央でやりたいということだけどもサイドのポジションも出来る。計算できる選手だし、鼻を骨折していても根性で出場をしてしまうくらい永田充が帰ってきてもポジション譲らない勢いだよね。気持ちも熱いし、メディア対応もすごいしっかりしていて、自分の想いをしっかりと口に出来る選手。マリノス、ヴェルディ、ジュビロ、レイソルと4チームを渡り歩いているだけあって、苦労人だとすごく感じる。去年は、レイソルでもすごく苦労をして、なかなか出場が出来ずに、心が折れそうだったと言っていた。その折れそうな心を耐えて、最後は天皇杯決勝にも出場をして優勝を果たした。彼は、自分の想いを書いているノートがあるらしいんだけど、それを見せてもらいたいなと思う。以前、柱谷哲二さんがレッズのサテライトのコーチをやっている時に交換日記を全選手とやっていて、それをセルヒオが見せてくれたことがあるんだけども、そこには自分のプレーが良かったこと、ダメだったことなど、練習で感じたことを書いていて、それに対して柱さんが、コメントを全てに返していた。柱さんのあの行動には頭が下がったね。話は出来ても、書くという行動まではなかなか出来ないし、那須も言っていたけど文字にすることで、気持ちの整理が出来るんだよね。

(残り 6197文字/全文: 7035文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ