浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.137 (5/9)

セレッソ戦に引き分けて連敗は脱出。ライバル鹿島との決戦へ

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:GW最終日の6日(月)に敵地・長居スタジアムにて、セレッソ大阪戦が行われました。GW中の開催ということで、セレッソ側もこの試合に向けて盛り上げていた様子で、32,378人の大入り。レッズサポーターもアウェー側のスタンドを赤く染めて連敗中のチームをサポートしようと集結しました。しかし、結果はご存知の通り2-2の引き分けでした。非常にもったいない試合でした。

豊田:終始押し気味で後半37分に勝ち越し。それも逆転のゴールをゲットしながら勝ちきれない……もったいないというなら、ここまで歯ぎしりしたいほどのアウェー戦もないでしょう。連戦の疲れも否定できなが、「試合の終らせ方」に入る策が共有できていないように見えます。こういう現況にはストレスを感じる。激しい攻防の終盤にはなりましたが、ロスタイムのシンプリシオのミドルなどは目を瞑りたくなるシーン。試合のイニシアティブでは常に先行して掴んでいたのに、帳尻を合わせる結末だけはセレッソの方が同じ絵が描けていました。

(残り 2128文字/全文: 2620文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ