浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.139 (5/21)

05年以来の大勝となったサガン鳥栖戦。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ホーム埼スタで、サガン鳥栖戦でした。激闘の鹿島戦に続く試合ということで、ここで緊張感が保てないのがレッズの伝統でもありましたが、試合はリーグ戦では、じつに2005年の駒場での柏戦(7-0)以来の6点差以上の大勝となりました。試合前にはロブソン・ポンテが2試合連続の来場(笑)。3日くらいの滞在の予定が、浦和が楽しすぎて滞在時間が延びて、鳥栖戦も観戦することになったようです。スタジアム一周だけではなく、北ゴール裏スタンドにも登場して、サポーターと交流を図っていました。

豊田:あのブカブカの即席ユニのシルエットで、ああロビーも本当に引退してしまったのだという実感を受けました。離日後の談話も幾つか目にしましたが、浦和時代のキャリアは彼にとってスペシャルなことが良くわかります。いつかコーチングスタッフになった彼と闘いたいという気持ちが強く湧いた。でもブラジル人でありながらブンデスリーガで結果を残したキャラクターから言っても、ハートがあることは間違いありません。埼スタのピッチ上でまた会えるような気がしてならないのですが……。

(残り 2031文字/全文: 2553文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ