浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.141 (5/29)

2試合連続の6-2、柏戦。2ステージ制導入に文化を育てる観点はあるのか?

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:日曜日は、柏レイソル戦でした。柏は水曜日にACLを戦い、レッズが敗れた全北現代を退けてJリーグ勢として、唯一のベスト8進出を決めました。日程的なハンディがあった中ではありましたが、レッズは、前節に続く6得点で、その柏を破りました。会場も国立競技場ということで、レッズのホームのようなもの。スタンドの半分は赤く染まり、赤と黄色のコントラストは、その日の朝方に行われていたバイエルンvsドルトムントの試合を思い起こさせる対戦でした(笑)。

豊田:神宮外苑は爽やかな好天。わざと日曜日にずらせておいたヤボ仕事をすませ、事務所からレッズ戦に向かうというフットボールデーを楽しみました。国立競技場にはJFL時代から日立とレイソル相手の観戦ラッキーゾーンがありまして。バックスタンド2階席のビジョンよりのシートなのですが、そのあたりに私が座るとなぜか三菱時代からレッズがレイソルに大勝するのです。もちろん今回もSA席あたりの当日券となるとアウェーが先に売り切れていますので、仕方なくホーム援軍のど真ん中にお邪魔するチケットとなったのだが、席番を見たらズバりそのエリア(笑)。そもそも始まりは19試合17得点の快進撃を続けていたエジウソンを擁しニカノール監督が率いていたレイソルを、ギド・ブッフバルト以下のレッズが7-0で葬った96年頃。国立メインスタンドをバックに眺める赤と黄色の配置もそっくりだったので、「今日も始まるのでは?」と抱いた直感がまんま的中しました。

(残り 2506文字/全文: 3203文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ