浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.146 (7/5)

新たなURAWAの力、Jリーグの理念を実現する市民の会

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の日曜日には、ナビスコカップ準々決勝第2戦セレッソ大阪戦でした。レッズは見事トータルスコア3-1でセレッソを破り、準決勝に進出をしました。準決勝の相手は川崎フロンターレとなり、頂点が近付いてきました。3年ぶりの決勝国立。そして10年ぶりのカップウィナーをぜひ、目指してもらいたいです。

豊田:安易なジンクスや気の早い話は禁物ですが、H&A戦を考え合わせると願ったりの相手です。等々力では「してやったり」の思い出が多いだけに……。

椛沢:準々決勝の第2戦は、興梠が左ハムストリングの軽い肉離れで欠場したことで、マルシオのワントップを試しましたが、これは全く機能しませんでした。マンツーマンで潰しにかかったセレッソ対策で、マルシオへの楔のパスは尽く奪われてしまい、そこで起点が作れないために、攻撃のリズムを作ることが出来ず、開始早々からセレッソにペースを握られて、早々に失点をしてしまいました。途中から原口がワントップに入り、マルシオがシャドーに下がることで、落ち着きは取り戻しましたが、興梠の存在の大きさを感じることになりました。

(残り 1917文字/全文: 2445文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ