浦和フットボール通信

MENU

浦和で出会った 「フットボールの名言」 10選。(完全版)(1)

IMG_3225

椛沢:多くの皆さまのご支援により『浦和フットボール通信』は晴れて創刊50号を刊行することができました。木年号では、創刊以来に本誌主筆をお願いして来た豊田充穂さんと取材過程で出会った10の名言をご紹介しましたが、このWEB版では選にもれたその他の名言やエピソードを加えた完全版でお届けしたいと思います。

豊田:創刊前から『宿敵静岡』特集を編集長にお願いしてきたわけですが、現地取材は心に残るものでした。「浦和対決史」という連載を執筆していた静岡新聞の名物編集長氏が貴重な地元史資料をプレゼントしてくれるわ、藤枝では服部監督以下の藤枝東高校首脳陣の方々と夜まで談笑するわ、のフットボール交流の嵐(笑)。そんな中で選手時代は同校主力メンバーとして高校選手権2年連続準優勝を果たしている服部康雄さんのコメントは心に響きました。

①てっぺんの国立競技場で、浦和との再戦を待っている。
vol.4

服部さんは続けていわく、「われわれは松本先生(暁司)以下の浦和南高校打倒を胸に、猛練習に励んだ世代ですからね」。サッカーどころ静岡が持つ浦和イメージが鮮明に感じ取られ、年配の読者からは「表紙(07年創刊5号)の藤枝カラーに対抗心がよみがえった」との感想をいただきました。後日談ながら、服部監督は翌年の高校選手権で河井陽介、村松大輔両選手(ともに現清水エスパルス)らを率いてファイナルに進出しています。相手校にわが浦和勢が進出できなかったのは残念ですけど(苦笑)。

DSC01134

椛沢:昭和天皇皇后両陛下が国体を観戦されたという藤枝東高グラウンド。地元ファンが練習試合にさえ数多く集まっているシーンも見ることもでき、サッカーどころの熱を感じた取材でした。私のセレクトはまずは大住良之さん(サッカージャーナリスト)ですね。

(残り 2450文字/全文: 3185文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ