浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.147 (7/12)

中断明けの連戦、甲府、FC東京戦。「フットボールは誰のものなのか」

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:一気に梅雨明けが宣言されて夏に突入。猛暑の中で選手にとってもサポーターにとっても過酷な季節がやってきました(苦笑)。まずは先週末の甲府戦から。甲府はレッズサポーターの動員を期待して、国立競技場でのホーム開催を選択してくれたので、ほぼホームのような雰囲気でのゲームとなりました。収入を考えての判断ということですが、ホームタウン制度を大事にするJリーグの理念を考えると如何なものかという気がします。Jリーグが盛り上がらないと言っている今、このようなことを大事にするべきではないでしょうか。

豊田:同業者の中に都内ヴァンフォーレサポーターがいて、彼らも国立で同席していました。「交通の便も敵の方が良いし、ここで開催しちゃあ甲府ホームが作れるわけがない。こうなる(客席動員の浦和優勢)ことは分かっているけど仕方ないんでしょうね」と、歯切れの悪い感想でした。浦和サイドが戦いやすいことは嬉しいが、まあ諸条件をクリアしてもらってアウェー戦はきっちり敵地の空気を感じたい思いも強いです。かつてレッズとその支持者だって同じ情況だったし、山梨は韮崎を中心に根づいたサッカー土壌を持ってるエリアでヒデ(中田英寿)の故郷でもある。地元の支持者が手弁当でクラブ存続を訴えた歴史も考えると、早く満員の敵地・中銀スタジアムでレッズ戦を観たいです。

(残り 2319文字/全文: 2946文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ