浦和フットボール通信

MENU

浦和で出会った 「フットボールの名言」 10選。(完全版)(2)

IMG_3225

椛沢レッズジュニアに行けなかった子たちで、レッズジュニアに勝って見せたいとのコメントを出された吉野弘一監督と吉川政男団長率いる北浦和少年団は、町田隆治さん(元FC浦和監督)をして「年ごとに異質の才能を輩出するタレント宝庫」と言わしめましたが……。

豊田:吉野さんは「生活面は別だが、サッカーに関してはあれこれ言いません。技術のある選手はマークのきついポジションに置くので、結果としてアタックのセンスを持った子の輩出ができていると思う」と言われていました。いうまでもなく山田直輝選手と矢島慎也選手は地元出身のプレーヤーとしてレッズの主力に到達した代表格のタレントです。

椛沢:直輝選手はしっかりとURAWAマインドを継承するインタビュー談話を残してくれています。

⑥「PRIDE OF URAWA」の断幕を見ると、涙が出そうになる。

この言葉はサポーターが気持ちの支えとしている原点部分。聞いた時は身震いがする思いでした。

豊田:怪我から復活した直輝君は吉野監督の秘蔵弟子。彼の活躍は読者の皆さんとともに本誌が待ち望むテーマです。読者の方々からもさまざまに反応をもらいました。

k&y

後輩である矢島君も山田君のような意思表明ではないけれど、印象的な少年時代のエピソードを聞かせてくれました。

*レッズ戦の夜はテレビ中継も見ないで自宅の庭に出た。駒場から聞こえる歓声を聞きたくて……聞こえた後で、得点になったかどうかを確かめた。

「あるだろうな」的な共感というか(笑)、実にURAWAらしい叙情風景で妙に印象に残っています。

(残り 2754文字/全文: 3402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ