浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.148 (7/19)

夏場の連敗でリーグ戦中継点を折り返し。これからどう闘うのか。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:中断明けの夏場の連戦。これが中盤戦に向けてのひとつの試金石にしたいところでしたが、結果は1勝1分2敗。芳しくない結果に終わってしまいました。日本の夏場の環境の中、さらに過密日程という状況で、ミシャが思考するサッカーは不利なのかもしれないですね。カウンター、セットプレイでゴールを決めるチームがJリーグでは夏場に勝ち点を積み上げられるので有利という話は、なんだか納得してしまう連戦でした。最後の2試合は完全にガス切れの様相でした。もう少し頭を使って夏場を闘わなければ、この後も苦しくなります。

豊田:私はミシャサッカーの有利不利というよりも、ピッチ上で不完全な部分を発見して修正していく選手たちのセルフコントロールの部分に疑問を感じました。これは選手個々の責任ということではなく、監督の指示以前にイレブン全員が情況に合わせて状況に対処していく現場能力のことです。やはり長きにわたってレッズというチームの問題点として横たわっている部分だと思うな。予想外の惨敗を喫してしまった川崎戦、そして直近の横浜戦。とりわけこの2ゲーム進行を観てそれを感じました。

(残り 2464文字/全文: 3002文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ