浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.150 (7/30)

さいたまシティカップ・アーセナル戦。激闘・東アジアカップ日韓戦

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週金曜日は、さいたまシティカップのアーセナル戦が行われました。金曜日開催でしたが、40,769人の入場があり、レッズだけではなくアーセナルのユニフォームを着たサポーターも数多く見受けることができました。試合は1-2と敗れましたが、親善試合としては非情に締まったゲームだったのではないでしょうか。ミシャサッカーは、4-4-2システムに対してギャップを作る戦術なので、4-4-2が代名詞となっているアーセナルのサッカーに対して、どの程度通じるのかという観点で注目をしていましたが、アーセナルもレッズのサッカーに対応できない部分もあり、十分に通用していたと思います。

豊田:シティカップは久々に豪華な雰囲気が漂い、夏休みに入ったファミリーに向けても格好のイベント構成になったと思います。プレミアの名門イレブンがそろうピッチ上を楽しむことができました。それでも香川真司治擁するマンチェスターユナイテッドを迎えた横浜とは異質な盛り上がりは感じた。山田直輝のアナウンスの際の歓声、ずいぶんと響き渡っていましたね。レッズサイドからもアカデミー出身選手たちが多数ピッチ上に登場したこともあって、特にシーチケホルダー層あたりのサポーター連中にとっては自然発生的なコールもずいぶんと出ていたようです。ゲーム結果はなんとももったいない失点で敗戦となってしまいましたが、あの矢島慎也選手の決定機、決めて欲しかったな……。

(残り 2332文字/全文: 2997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ