浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2013ライブディスカッション 「夏場の試合をいかに賢く戦うのか」

SHI_1826
レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。中断明けの夏場の連戦で、大きく失速したレッズ。どう立て直して、終盤戦に向けての戦いに挑むのか、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

中断明けの夏場の連戦に手痛い連敗を喫する

椛沢:中断明けの試合は過密日程になっていて、中盤戦に向けてのポイントになるという話をしていましたが、実際は、1勝1分2敗という結果になりました。川崎、横浜と今季2回目の連敗も喫してしまいました。

河合:甲府戦は相手も研究してきた中でよく勝った試合だった。川崎戦は完敗だった。あの試合で、鈴木啓太選手の存在の大きさを改めて感じさせられたね。柏木選手に掛かるボランチでの守備の負担が大きかった。

椛沢:柏木が守らなくても良いような展開になれば良かったけれども、展開的には柏木が守備に負担のかかる形になってしまい苦しい試合になりました。

(残り 5655文字/全文: 6082文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ