浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.151(8/9)

中断明けの磐田戦、広島戦に大きな連勝!

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週、水曜日にリーグ戦が再開しました。レッズにとっては川崎、横浜の2試合で7失点と守備の整備が求められる中で、東アジアカップで槙野、森脇とディフェンスの2枚を代表に取られて欠いており、それが行えない厳しさもありました。またスケジュール的にも、代表選手にとっては厳しい環境下の中での試合になったのではないかと思います。そのさなか、豊田さんは出張中だったとか(笑)。

豊田:申し訳ない。シドニーとタスマニア州に所用あり、実のところニュース映像でしかゲームは見れていません。しかしネット等で結果を逐次追っていました。いよいよ懸念された猛暑の中のリーグ日程です。正念場でしたよね。

椛沢:磐田戦は、色々な状況を見ても厳しい試合が予想されました。実際に、試合は暑さも考慮して序盤は、スロースタートでした。前半を0-0で折り返し、後半が勝負だと、後半戦に入りますが、まさかの先制点を64分に許します。レッズは、マルシオ、原口を入れて、ギアを入れ替えようとしますが、なかなかギアも切り替わらない苦しい展開。仕掛けのスイッチの一人の原口もコンディションが良くなく、攻守の要・鈴木啓太が不在ということも響いたかもしれません。

(残り 2380文字/全文: 2936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ