浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.152(8/13)

浦和の”バンディエラ”へ!山田直輝復帰。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は敵地・豊田スタジアムでレッズはグランパスと対戦をしました。全国的に猛暑日のこの日、現地、豊田も例外に漏れず、強烈な暑さでした。さらにお盆休み初日ということで、東名高速道路は混み合っていました。それを警戒して前日の深夜に出発をしたわけですが、それでも都内の山手トンネルから渋滞は始まり、厚木近くまで渋滞は続いていました。その後も各所で渋滞があり、通常4、5時間で到着する豊田まで9時間を要しての遠征でした。ここまでして来たのだから勝ちたいと思うのがサポーター心ですが、残念ながら2-0と名古屋に完敗でした。アウェースタンドを埋め尽くす5000人近いレッズサポーターが敵地に足を運び、蒸し風呂のようなスタジアム環境下ながら、レッズを後押ししましたが、力が及びませんでした。

豊田:かねてより混雑を予想して早々に新幹線予約で参戦した人たちも多かったようですが、名古屋のヒートウェーブはグランパス以上に強烈だったそうですね。テレビ観戦でしたが、猛暑の中をお盆の予定もソデにして駆けつけたサポーターのためにもここでキャリアの差を見せ付けて欲しかった。マルシオの2ゴールで突き放した昨年の瑞穂でもそうだったが、もはやチーム戦術の完成度では浦和はグランパスとは経験値の違う時間帯を過ごしているわけです。私たちが熱望しているクラブとしての蓄積を証明するためにも、序盤のチャンス、モノしておきたかったな。

(残り 2377文字/全文: 3029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ