浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.153(8/21)

4-3 大分戦の大逆転勝利の裏に感じたこと

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末の大分戦は、まさかの激しい打ち合いになりました。前節の名古屋戦で破れ、この試合は負けられないと挑んだはずの大分戦でしたが、最下位の相手はどこかやりにくさがある気がします。試合前から嫌な予感はしていましたが、それが現実になってしまいました。FKで先制を許すと、立て続けにCKから若狭選手にマークの甘さから抜け出されて追加点を許します。この選手は浦和学院出身の地元プレイヤーです。さらにアーリクロスから大学生の強化指定選手に那須がかわされて見事なヘディングゴールを決められて、前半20分の内に3失点を喫しました。

豊田:結果的には、これが「何年に一度味わえるか否か」のエクスタシーに繋がって行くわけですが(苦笑)。プロセスを振り返れば、これは笑ってはいられません。あきらかに集中力の盲点を突かれた名古屋での敗戦をミシャじきじきの叱咤激励で建て直し中と各紙が伝えたというのに、あの立ち上がりの20分間は言葉も出ませんでした。ニアクロスを想定した練習メニューだって、ああまできれいな3点がすべてゴールに収まるシーンって滅多にないんじゃないですか?

(残り 2182文字/全文: 2709文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ