浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.155(9/4)

田中達也、埼スタに凱旋。興梠の虎の子の決勝点を守り切り、新潟に勝利。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末はホーム・埼玉スタジアムでのアルビレックス新潟戦でした。前節、横浜に完敗しているだけに、連敗だけは避けなければならない重要な一戦でした。そんなレッズを後押ししようとレッズサポーターも多く駆けつけて40,372人がスタジアムに集まりました。今季から新潟に移籍した田中達也の初の凱旋試合でもありました。試合前の選手紹介では通常はブーイングで迎えるレッズサポーターもレジェンドに対しては、多くのサポーターが拍手で彼を迎えました。達也らしいプレーが見られましたが、柳下監督は調子が悪いと判断をして前半の途中で交代。レッズ側としては助かったと思った人が多かったのではないでしょうか。

豊田:私も「ラッキー!」と思った一人です。交代を告げられる直前、バックラインの裏に抜け出して左からGKと1対1になった場面……何ともいえない瞬間でした。「こんなの入れられたら、またぞろ歴史の1ページ」とキモを冷やす自分と、「達也には決めさせてやって」と心の中で神頼みしてしまった自分(笑)。全盛期の達也なら、ネットを破らんばかりのグラウンダーがレッズゴールを揺らしていたのでは?

(残り 1744文字/全文: 2292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ