浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.156(9/11)

等々力で雪辱を果たせず...

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ナビスコカップ準決勝1stレグの川崎フロンターレ戦が、敵地・等々力競技場で行われました。等々力でのリーグ戦では0-4の完敗をしたことは記憶に新しいところで、この借りを返すと意気込んでの試合となりました。

豊田:「負ける気がしない」という言葉がぴったりの等々力公園スタジアムロードだったのですが、武蔵小杉駅の変貌を追いかけるようにイメージが一変(苦笑)。ミシャ戦術のボール回しをさせられながら、相手の18番の返し手が来る。憲剛とレナトのフィニッシュに誘い込まれる。その展開は分かりきっていいても点の獲り合いに持ち込まれるし、こちらも行くしかないパワーバランスといった感じ。でもこれからの両クラブの趨勢を測るには格好でしょう。一人のサッカー好きの視点から見ても見逃せないセミファイナル・カード。その前半が終ったということだと思います。

(残り 2198文字/全文: 2617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ