浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2013ライブディスカッション 「横浜時代はメンタルが弱かった那須大亮は、浦和で熱き魂になった」

KAZ_9831

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。夏場の試合を乗り越えて、浦和レッズは現在、首位の横浜と勝ち点1差の2位。優勝争いを演じている、現状のレッズについて、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

5勝2敗で乗り切った夏場の7試合

椛沢:夏場の試合は7試合での戦績は5勝2敗。成績的には悪くは無い結果でした。しかし、内容としては、どの試合も苦しいものでした。印象としては如何だったでしょうか。

河合:苦しい試合が多かったね。改めてレッズのサッカーは、走れないと成り立たないサッカーだと痛感した。ミシャさんは「この夏場の連戦はあり得ない」とずっと言い続けていました。

椛沢:そうなった時にレッズは手を施せないのかと歯がゆい部分もありました。その中で、
新潟戦は結果を出すことに拘り、自分たちのサッカーが出来ないなりに勝負に徹して結果が出せたのは大きいと思います。

河合:新潟は、相手が崩れてくれたこともあると思う。磐田戦もサッカーが出来ないなりに勝てた試合だった。優勝を狙う上でこのような試合は重要だと思う。ここまで振返って、選手達が良く頑張って、良く耐えて我慢強く戦ったと思う。清水戦は規律を守って、レッズのサッカーが見えた。マリノス戦はフロンターレ戦に続く完敗。中村俊輔一人にやられた。俊輔は楽しそうだった。ただ、成績は上々だと思う。マリノスに勝っていればと思うけども、最後に笑えばよいと思っている。

(残り 4358文字/全文: 5010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ