浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.157(9/19)

数々の思い出を作った”国立” Jリーグの2ステージ導入に対して物申す。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、FC東京戦が国立競技場で行われました。“国立”は、先日、開催が決まった東京五輪2020にあわせて、建て直しが決定しており、レッズのリーグ戦ではラストとなる国立での試合でした。このスタジアムは、レッズとしても数多くの思い出があります。レッズ初のタイトルとなる2003年のナビスコカップもここでの試合でしたし、二つの天皇杯タイトル。鹿島戦においても記憶に残る試合は、ここ国立で行われました。個人的には、レッズの試合を初めて観戦したのも国立での名古屋戦でした。入場ゲートからスタンドに入った時に、スタンドが真っ赤に染まっていて、真ん中に青々と茂ったピッチがある、という光景は今でも目に焼きついていますね。

豊田:私はJ初年度の清水戦から。サッカーの聖地で行なわれる埼玉・静岡の初めてのプロクラブ対決にはぜひとも立会いたいと考えていましたので。しかし当時のエスパルス主力・澤登正朗さん(現浜松大学監督)に縦横の活躍を許してしまい、森レッズは完敗……。ナビスコ制覇前年の2002年大会も印象深いです。直前に行なわれた日韓共催W杯を凌駕する「初タイトル獲得」を目指したレッズサポーターの熱気が最高潮。徹夜の並びの列が延々と伸び、千駄ヶ谷駅近くの東京体育館にまで到達してしまった。テレビクルーが取材に殺到する騒ぎになりました。それに驚いた鹿島サポーターが「レッズサポーターが馴れない国立競技場で有頂天」とネット上で揶揄したのですが、さっそく浦議メインに反撃の書込みが上がりました。いわく「浦和が国立競技場をホームに静岡と選手権ファイナルを戦っていたころ、鹿島の連中は鹿スタ建設予定地で畑仕事をしていたはず」……。あの両年のファイナルの国立風景は、URAWAの記憶に深く刻まれたと思います。

(残り 3372文字/全文: 4183文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ