浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.158 (9/25)

URAWAの気概を感じられなかった甲府戦。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ホーム埼スタでのヴァンフォーレ甲府戦でした。ホームゲームの内容としては最低グレードの試合だったと言わざるを得ないです。勝利に向けた気概が90分通しても感じられない。挙句には、終了間際の失点。あの失点も必然で起きたと思ってしまうような、それまでの試合の流れでした。

豊田:タイムアップまで何秒だったでしょうね。きわどい勝負の機微だったはずなのに……PKの先制ゴールに寄りかかるようなイレブンのプレーぶりにアディショナルタイムの緊張感も感じられない雰囲気がありました。

椛沢:前節の東京に破れたものの、首位と肉薄する中で、この試合で勝利したい気持ちは存分にあったはずの試合でしたが、戦術的に相手に嵌められたまま、何も出来ずに終わってしまいました。甲府戦もレッズは、3バックの真ん中の山田暢久を起用して、後方ビルドアップ時には、阿部、那須のダブルボランチが降りてきて、3枚でボールを回して、槙野、森脇がサイドの開くという戦術を採用しましたが、そのやり方を甲府も十分に対応をしてきて見破られたという印象。その中で、ラッキーな形でのPKを得て、先制をしたわけですが、その後の試合運びも良くなかった。レッズディフェンスラインが下がり始めると、甲府に押し込まれる時間帯が続いて、最後の最後のプレーでディフェンスが決壊してしまいました。リーグ戦初先発となったGK山岸が、必死にゴールを守り続けてくれただけに、彼の頑張りにも応えて欲しかった。彼がいなければ、大敗していたのではないかと思えるくらい、彼の活躍も光りました。

豊田:先発GKの交代となれば、それは守備陣に限らずベンチ含めたピッチ上のプレーヤー全員に「言葉以上のメッセージ」が送られたということ。その緊迫感がスタンドにまで届いてこないというチーム情況は残念です。全盛期のレッズ守護神を経験したベテランのギシがゴール番に返り咲く。37分、68分、87分とDFと連携してのビッグセーブも複数回あった。チームの流れを決めるこういう「ヤマ場」は何回も演出できるシーンではありません。このゲームを3ポイントにできなかったツケは大きいですね。

(残り 1680文字/全文: 2625文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ