浦和フットボール通信

MENU

第13回 浦和4校サッカー部OB交流会 「浦和サッカーとは何か?」

IMG_0092

終戦直後の昭和20年代から50年代まで、全国を席巻したサッカー王国の寵児たちがURAWAのピッチに帰って来た。13回目を迎えた「浦和4校サッカー部OB交流会」の模様と、往年の名手たちに「浦和のサッカーとは何か」を訊いてきた。(浦和フットボール通信編集部)

「埼玉を制するものは天下を制する」という言葉が生まれるほどの歴史がこの街にはある。その言葉を支えたのが、浦和4校の浦和高校、浦和西高校、浦和市立高校、浦和南高校である。

浦和高校の昭和24年東京国体優勝を皮切りに、昭和32年には、浦和西高校が全国制覇、昭和34年に浦和市立が東京国体に優勝。昭和42年に浦和南高校が埼玉国体で優勝を果たし、浦和の公立4校が全国優勝を幾度も獲得をしてきた。

しかし浦和勢としては昭和52年の浦和南の全国制覇以来、埼玉県勢としても昭和56年の武南高校の選手権全国制覇以来、遠ざかっている。そんな埼玉、浦和の高校サッカーの復活を期待し、支援していこうと企画されている「浦和4校サッカー部OB交流会」が、9月23日にレッズランドで開催された。この交流会では、Aチーム(50歳以上)とBチーム(35歳以上49歳以下)のカテゴリーに分けられて、それぞれが4校の頂点を目指した。4校で活躍した往年のプレイヤーが集結して、劣れぬテクニックを披露するなど、会は大いに盛り上がっていた。

浦和レッズのモヤモヤするホームゲームを見た後だっただけに、このサッカー街が脈々と受け継いできたサッカーをレッズはどのように体現が出来るのか、と考えて、まず往年のプレイヤーたちに「浦和のサッカーとはなにか」を訊いてみたいと思った。

(残り 2478文字/全文: 3166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ