浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.160 (10/8)

ホームリーグ戦7年ぶりの勝利!さいたまダービー勝利で、終盤戦への高揚感が整った。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、“さいたまダービー”大宮戦でした。甲府、湘南と下位チーム相手にドローゲームが続き、苦境の中で迎えたダービーでしたが、見事4-0で勝利して、リーグ戦ホームゲームでは実に7年ぶりとなる勝利でした。小雨が降るあいにくの天候の中でもホーム開幕戦に次ぐ47,790人のサポーターが集まり、重要なダービーの一戦を後押ししました。試合前にはロアスタンド全体を使ったビジュアルが展開をされて、スタンドを赤・白・黒のレッズトリコロールに、ゴール裏には、デカ旗3色が掲出されて、この一戦を最大限、盛り上げる施しが行われました。監督、選手も口々に試合後に発していましたが、スタジアムは、最高の雰囲気でしたね。さいたまダービーの価値が徐々に上がってきていると感じた一戦でした。

豊田:大宮戦というのに開始時間ごろに浦和美園駅につくディレイ参戦でした。ただ都内から向かったので近づいてくるダービーの現場の空気は満喫できた。改札を出たらシャトルバスへの雨傘がいまだに長蛇の列。そこに遥か離れたスタジアムからのウォーリアが届いてきていました。前回に比べてアルディージャのポテンシャルが下降気味になっていたとはいえ、今の日本で頂点にあるダービー戦の興奮はできていましたね。

(残り 1652文字/全文: 2252文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ