浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.162 (10/23)

白熱の鹿島戦に勝利。最高潮の中、リーグ終盤戦へ

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

IMG_4558

kashima

椛沢:先週末は、敵地・カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ戦でした。この試合を重要視して、この日に向けてサポーター有志が綿密に企画を立てて、鹿島4,000人バスツアーを計画していました。朝7時に埼玉スタジアム集合で、数多くのレッズサポーターが集まりました。最終的に鹿島へは61台のチャーターバスが乗り込み、レッズを後押ししました。スタジアムは試合前から殺伐としており、バスツアーで集結して盛り上がるレッズサポーターを煽る、鹿島サポーターが見受けられ、逮捕者も出る騒ぎもありました。ゴール裏スタンドは通路も塞がるほどの密度で、この日は赤いものを身につけて『True RED』を示そうと、普段は黒い服を着ている中心部も思い思いのユニフォームなどを纏い、真っ赤に染まりました。

豊田:なるほど。客席のレッドダービーの盛り上がりぶりが分かります。私は古参メンバーのクルマに同乗しての参戦でしたが、台風の影響で空模様も風雲急。特に行方市内に入ってからはスタジアムに向かって雲がたれこめている感じで、鹿島戦らしい決闘ムードは満点だった。

椛沢:鹿島側のホームスタンドもお馴染みのビックフラッグお披露目タイムがあり、試合直前から複数毎のビックフラッグがスタンドに翻っていました。不思議なのは選手が登場するころには、このビックフラッグ達は終ってしまいます。選手を鼓舞するために登場させる、レッズサポーターの感覚だと良く分からないお披露目タイムです。

(残り 1859文字/全文: 2528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ