浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.164 (11/6)

最高潮のファイナルの舞台も、10年ぶりのナビスコカップ戴冠はならず。

KAZ_9791

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、10年ぶりのナビスコタイトル獲得に向けて、”最後の国立”でナビスコファイナル・柏レイソル戦でした。浦和方面から、始発列車で多くのレッズサポーターが国立に乗り込みました。国立で朝を迎えるのは、決勝の恒例行事になってきました(笑)。それでもレッズとしては、5度目の決勝戦ということで、並びもサポーター主導でルール化がされており、前日に埼玉スタジアムで抽選が行われて、当日はその抽選番号に従って列が作られ、整然と入場が行われて、試合に集中できる環境づくりが行われました。この部分は、サポーターの経験値がしっかりと蓄積をされていることの証明だと思います。

豊田:アントラーズ相手に敗れた2002年と翌2003年のリベンジファイナル。あの舞台は赤い悪魔たちには忘れることができないでしょう。悔しい敗北と豪快な初戴冠、快晴と冷たい雨……明暗が国立の空と真逆のコントラストになっているのも何やらURAWAらしくて気に入っています。あの時以来、決勝の国立に進むたびに話題を集める“URAWA劇場”の盛り上がりはナビスコ史からは外せないエポックであると思います。

(残り 2527文字/全文: 3073文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ