浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.165 (11/13)

仙台に悔しい引き分け。残り3戦、URAWAの総合力が問われる。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、敵地・宮城スタジアムに乗り込んでのベガルタ仙台戦でした。ナビスコ決勝に敗れた直後の試合ということで、踏ん張り所の試合となりました。日曜ナイターのアウェイ戦という悪状況ということもあり、通常よりもアウェイに赴くサポーターの数も多くはありませんでしたが、ホームに負けない声でチームを後押ししていました。試合前には「THE PRIDE OF URAWA」の横断幕を自らのサポーターに向けて掲げて、この試合で俺たちのPRIDE OF URAWAを見せて、試合に挑もうという声がリーダーより掛かり、ゴール裏中心部は夜の仙台に関わらず、上半身裸でのサポートとなりました。この試合への意気込みを見せる。その思いがこもったサポートとなりました。

豊田:TV観戦でしたが、仙台にまで赴いた赤の援軍たちの熱はじゅうぶんに画面に伝わってきました。編集長いう通りの悪条件下でも確実にメディアに存在感を示すサポーティングはこころ強かった。選手にもその心意気はじゅうぶんに伝わっていたと思います。

(残り 2850文字/全文: 3350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ