浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.167 (11/26)

川崎に敗れ、優勝争いに後退。リーグ、残り2戦を闘い抜こう。

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:先週末は、ホーム埼スタで、川崎戦が行われました。首位横浜と勝ち点1差と肉迫する状況もあって、観客動員数も45,607人と期待が表れる人数が集まり、多くのサポーターがスタンドを赤く染めていました。前節・仙台にロスタイムに追いつかれており、この試合こそ勝利しようと、サポーターは「THE PRIDE OF URAWA」のメッセージを掲げて、そして選手入場タイミングでは、赤、白、黒のデカ旗と赤、白、黒のレッズトリコロールのストライプをスタンドに表現したビジュアルサポートも試合前に行われました。

豊田:これも終盤までのレッズのタイトル争いがあってのこと。カップ戦は終ってしまったけれど、初冬の寒さも忘れるリーグ終盤の熱気の中に多くのサポーターと共にいられることは幸せなことだと感じました。

椛沢:試合前に、先日全国出場を決めた市立浦和高校の選手たちに対する激励セレモニーもピッチ上で行われました。多くのサポーターが拍手で送り出していました。この試みは初めてのものだと思いますが、非常に良い試みだと思いました。

豊田:私は入場が遅れてぎりぎり退場の場面を見ただけなのですが、客席は指定席まで多いに盛り上がっていましたね。「獲り返して来いよ!」という期待通りのオヤジ野次も聞き届けることができました。やはりね、レッズ戦のスタンドは単にレッズをサポートするだけではなく、フットボール文化を分け合うURAWAの縮図であって欲しいわけです。

(残り 2278文字/全文: 2950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ