浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2013ライブディスカッション 「浦和で愛される選手になりたい(柏木陽介)」

KAZ_3142

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2013月刊ライブディスカッション」。終盤の失速の中での選手達の心境はどのようなものだったのか。河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

メンタル的な弱さが見えた終盤戦

椛沢:終盤は、なぜあそこまで立て直せなかったのでしょうか。

河合:メンタル的な弱さが一番だと思う。ゲームコントロール、ゲームの運びも下手だった。ここ一番という試合でことごとくゲームを落としてきたのは、メンタル的な弱さだと思う。

椛沢:今のレッズにはメンタルが強い選手がいないのでしょうか。

河合:ピッチの中で崩れそうになった時に、精神的な柱になるような選手はいないのかもしれない……。一生懸命、山岸がその存在になろうとしていたりするけれども……。セレッソ戦が終わった後は、槙野も声がボロボロで、声を必死に出していたことが分かった。彼らは、一生懸命やっているんだろうけども空回りをしているのか……。

(残り 5477文字/全文: 5913文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ