浦和フットボール通信

MENU

【This Week】週刊フットボールトーク Vol.172 (1/10)

チームの未来をどう描いていくかを考える

IMG_2000

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

豊田:市立浦和高校の駒場敗戦の悔しさを引きずっている豊田です。今年もよろしくお願いします。編集長、高校選手権の全力取材、ご苦労様でした。

椛沢:市立浦和の敗戦、残念でした。「攻めて勝つ」を標榜して戦い、2回戦は初芝橋本を3-2で破り、3回戦の富山第一戦で、2-3で敗れてしまいました。富山第一戦では前半で3点をリードされる苦しい展開でしたが、2点を返して諦めないで戦う姿勢を最後まで見せてくれました。市高のホーム『駒場』はすごい盛り上がりで、試合後も選手達の奮闘に労いの拍手が起きていました。正月からサッカーの素晴らしさを感じることが出来た取材でした。詳しいレポートはWEBにてご覧頂ければと思います。
さて、年が明けて浦和レッズの始動も15日からと新しいチームのスタートが迫ってきました。選手の加入情報なども続々と発表されており、広島から日本代表GKの西川周作選手の獲得が発表されました。そして、現在イングランドプレミアリーグに所属する李忠成選手も獲得間近という報道がされています。代表クラスの選手補強ではあるのですが、ここまでの『広島化』については賛否両論巻き起こっているかと思います。

(残り 2159文字/全文: 2737文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ