浦和フットボール通信

MENU

指宿キャンプに繋がる手応えを感じた練習試合【河合貴子の大原なう】「練習試合、ザスパクサツ群馬戦レポート」青木選手、李選手コメントあり

2月1日、冬の穏やかな陽気に包まれた大原練習場でザスパクサツ群馬との練習試合が、11時と13時から2試合行なわれた。

TS3S0372

練習試合 vsザスパクサツ群馬
1本目0-0
GK:山岸(HT→加藤)
DF:坪井、永田、槙野
MF:平川(72分→小川)、鈴木、青木(HT→斎藤)、宇賀神、邦本、矢島
FW:阪野

5DFを敷き、前線から中盤を五角形を作ってしっかりとした守備をしてくる群馬相手に、ボールを保持しながらも、タイミング良く縦パスが入らずに苦しい展開を強いられた。ファーストシュートは前半22分 右サイドに流れた邦本のクロスを矢島が中央で落とし、走り込んできた青木がチョコンと合わせるが力無く相手GKがキャッチ。決定的なチャンスが作れないまま0-0で前半を終えた。
後半立ち上がり、ペナルティーエリア内で間接FKのチャンスが訪れるも生かせず。81分邦本のクロスを阪野がゴールを狙うも左ポストに弾かれ、試合は0-0で終了した。

試合後、宮崎キャンプ中に左足首を捻挫して一昨日からチームに合流した青木選手は「サッカー出来て楽しかった。もう少し上がりたかったが、役割がある。僕が後ろ気味と言われていたので・・・。縦パスが入らず、前3人の所にパスが入れば面白い展開になったと思う。そこの質を高めて行ければ良い。もっともっと慣れていけば、自分の良さが出ると思う」と話し、「シュートは、完全にミス。2つのパターンを考えていたら、最悪になってしまった」とファーストシュートを振り返った。

(残り 847文字/全文: 1470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ