浦和フットボール通信

MENU

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)×島崎英純(浦和レッズマガジン編集長) 居酒屋レッズトーク対談第1回『ミシャ3年目のシーズンで、結果を求められる状況が渦巻いている』

IMG_6255

椛沢:新コーナー『居酒屋レッズトーク対談』ということで、本日は宜しくお願いします。第1回は、レッズサポーターにはお馴染みの酒蔵力武蔵浦和店にて、行わせて頂きます。

島崎:宜しくお願いします。酒蔵力さんは焼き鳥を中心に食べ物もめちゃくちゃ美味しいんですよね。

椛沢:まずは乾杯をしましょうか。私はレッズサワーで。かんぱーい!

島崎:かんぱーい!

椛沢:さて、2014シーズンも開幕をしました。開幕戦のガンバ大阪、サガン鳥栖戦を終えた現在ですが、この2試合を見ても、今季は結果重視のサッカーを展開しているという印象を受けましたが、島崎さんはどのように見ているでしょうか。

島崎:おっしゃる通りですね。ガンバ戦は先制点を奪って、そのまま逃げ切り、鳥栖戦は先制をされて、17本シュートを打ったけれども得点できずに0-1で敗戦と、スコアだけを見ても去年から色合いが違うことが窺い取れます。逆にサポーターから見て、どのような感じに受け取っているんでしょう?

椛沢:開幕前の雰囲気は、昨季終盤戦の守備陣の崩壊のイメージがみんなあると思うので、失点は許さないぞという雰囲気があったと思います。その中で選手達もその辺を感じ取って失点をしたくないということをプレーを見ていても感じることが出来ました

(残り 1649文字/全文: 2182文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ