浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ、「魅力あるプロクラブ」への指標。 湯浅健二 ロングインタビュー(1)(2014/4/9)

ドイツサッカー協会スペシャルライセンスコーチ、全盛期への端緒についた読売サッカークラブ(現ヴェルディ)での指導歴、レッズの紆余曲折を追ったキャリア……。幾多のジャーナリストの中にあっても湯浅健二氏のプロフィールには、日本サッカーにおける「プロクラブの履歴」を検証する視点が満ちている。新シーズンを前に我らがレッズの現在位置、そしてその魅力の未来像を訊いた。 interview by Yuichi Kabasawa /text by Mitsuho Toyota /Photo by Kazuyoshi Shimizu IMG_5999
湯浅健二 Profile

1952年生まれ。プロサッカーコーチ。 ケルン体育大学に留学し、1981年にドイツサッカー協会公認スペシャルライセンスを取得。 1982年に読売クラブのコーチを務めた。現在はサッカージャーナリストとして著書多数。

KAZ_9804

内容を持って勝利する……ミハイロの志向は正しい

UF:昨季終盤の失速、レッズサポーターの落胆は小さくありませんでした。

湯浅:分かるけれど、あの状況だけでミハイロ・ペトロヴィッチの手法が間違っているとは言えません。昨年のJは上位陣の得点・失点が少なく、逆に浦和、鹿島、川崎のそれは多かった。ただ肝心なのはどういうテーマで戦った結果かということ。メディアは結果のみで見解を出してしまうから、そこは早計に結論を出すべきではないと思います。

(残り 1602文字/全文: 2179文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ