浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】ワールドカップメンバーに呼ばれた者、呼ばれなかった者。それぞれの想い<西川・槙野・直輝コメントあり>(2014/5/13)

IMG_20140513_102119

連戦を終えて、オフ明けのフィジカル練習

ブラジルW杯日本代表メンバー発表が行なわれた翌日の5月13日、昨夜から降り続いた雨は練習が始まる頃に止み、少し蒸し熱い中で通称「崎トレ」と言われるフィジカルトレーニングが行なわれた。

フットサルコートでは、バランスボールなどを使った体幹が行なわれ、ピッチではステップワークなど動きを中心としたフィジカルトレーニングとなった。20分ほど、ボールを使ったパス、浮球を受けてドリブルなど基礎トレーニングをし、ラストはシャトルランニングで締めくくった。「一番きつい」と選手たちがいうシャトルランニングで、1位でゴールした関根貴大選手は「最初の1往復、2往復をどれだけ上げられるかですよ」と笑い逃げ切りダッシュ力を見せつけていた。ちなみに2位は濱田水輝選手、3位は鈴木啓太選手。足の遅い柏木陽介選手は、ラストの頑張りを見せてビリにならずに大奮闘。不名誉なワースト1位となった森脇良太選手は、かなり辛そうであった。

IMG_20140513_112205

(残り 1678文字/全文: 2097文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ