浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2014ライブディスカッション 「浦和に馴染んだ”浦和の太陽”柏木陽介」(2014/5/21)

KAZ_2094

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを訊く「レッズ2014月刊ライブディスカッション」。リーグ前半戦を首位で終えた、好調のレッズの現状について、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

失点の減少、選手層の充実が、前半戦好調の要因

椛沢:ミシャ3年目の今季は、9勝2分3敗の首位で中断を迎えました。ミシャになってはじめて首位に立ちました。

河合:ここまで成績が出ている要因の、ひとつは失点数が少ないからだろうね。

椛沢:“勝つサッカー”が出来ているのかなと思いますね。去年は派手なサッカーをしていて、その分、取りこぼしも多かったですが、今年は1-0のゲームが多いこともそれを表していると思います。

河合:苦しいゲームをモノに出来るチームになっていると思う。逆にどっちに転んでもおかしくないけど、勝てなかったのは柏戦。あの試合はもったいなかった。そうやって、上を見ればキリがないけれども、逆に冷静になって考えると良い戦いが出来ていると思う。一番、大きいのは、GWを挟んだ5連戦を、槙野選手、那須選手と怪我人も出ながらも、うまくターンオーバーできて、3勝1敗1分という成績が残せて、乗り切れたのは大きいと感じている。この連戦を乗り切れたということは、私の予測として思うのは、夏場でも乗り切れるのではないかということ。甘いと言われるかもしれないけども、この夏は失速することなく戦えるんじゃないかな。レッズは秋の大失速があったけれども・・・。

(残り 4545文字/全文: 5188文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ