浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2014ライブディスカッション 「ルーキー関根の活躍がチームを活性化させる」(2014/5/29)

SHI_2372

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを訊く「レッズ2014月刊ライブディスカッション」。リーグ前半戦を首位で終えた、好調のレッズの現状について、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

ルーキー関根の活躍がチームを活性化させる。

椛沢:森脇選手についてはどうでしょう。

河合:森脇選手は良い時と悪い時の波が激しくて、何なんだろうと思うことがあって、私もきつい言葉で森脇選手に質問をしたりしてしまったことがあるけども、森脇選手は、終始にこやかな顔で話をしてくれて、話を聞くと、そんな思いでやっていたのかと思うこともあるんだけども、その様子をみて、興梠選手が「モリさんの縦パスとか、すごく良いパスを送ってくれた時は鳥肌が立つような良いプレーがある。そこを認めてやってくださいよ」と言われて、そうだねと思った。

椛沢:リスクを負ったプレーをしているから、安定感がないということもあるんでしょうね。

河合:平川選手はチャレンジする時と、しないときの選択は絶妙。だから安定感があるんだろうと思う。あのプレーはベテランの域だなと思う。

椛沢:関根もすごく良いですよね。彼がボールを持つとスタジアムが盛り上がります。おそらく、彼がボールを持つと分かりやすくて、仕掛けてくれるという思いがサポーターにあるんだと思います。

(残り 4675文字/全文: 5252文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ