浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】オフ明けのトレーニング。マルシオが帰国<梅崎、槙野、直輝コメントあり>(2014/6/16)

IMG_20140616_113515

ついにオフ明け、夏場を闘う身体作り

ワールドカップブラジル大会が開催され世界中がフットボールで盛り上がる中、浦和は11日間のオフが明けてついに始動した。梅雨の合間の晴れ渡る青空の下、選手たちは久しぶりに良い汗をかいた。

ミーティングを終え、15分ほど動的ストレッチを入れながら軽くランニングを行なった。その後、3グループに分かれボール回しの鳥かごを15分。2グループに分かれ、ランニングとボールを使った基礎練習を行なった。

基礎練習では、選手たちはボール感覚を確かめながら、インサイド、アウトサイド、足裏など足のいろいろなか所を使いドリブルをしたり、ワンタッチで押し出しワンタッチで折り返す、高く上げて左右と逆に持ち出しボールコントロールを大事にしていた。

ランニングとボールを使った基礎練習は、15分ワンセットを2回に分け、1セット目は個人。2セット目は2人1組となり、パスランニングで、スピードの変化を入れてアウトとインの持ち出しやボールを投げてもらってヘッドで返したり、インサイドなどで返した。

一番のキレを見せたのは、梅崎司

鈴木啓太選手、阿部勇樹選手たちは、一つ一つ丁寧にゆっくりと時間をかけてやっていた。一番細かくやっていたのは、山田直輝選手であった。槙野智章選手は身体が重そうで「やばい!体重が足にのらない」と思わずぼやきが零れた。一番身体が切れていたのは梅崎司選手であった。

(残り 1163文字/全文: 1752文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ