浦和フットボール通信

MENU

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)×島崎英純(浦和レッズマガジン編集長) 居酒屋レッズトーク対談第6回『関根が原口の後継者となる』(2014/6/24)

IMG_7159

本誌編集長、椛沢佑一と、レッズマガジン編集長の島崎英純さんがホームタウンの呑み屋で、呑みながらざっくばらんにレッズの話を転記する「居酒屋レッズトーク対談」第7回は、ドイツに移籍した原口元気の後継者となる存在について。

原口の後継者は関根

椛沢:これから、原口元気を引き継げる選手は誰でしょうね。

島崎:関根じゃないかな。元気自身も関根に最初から目をかけていて、「あいつが後を引き継いでくれる」と言っているから。関根も浦和のサポーターをワクワクさせる選手ですからね。

椛沢:ボールを持った瞬間に、盛り上がる選手は、久しぶりですよね。

島崎:それは、元気から繋がったんじゃないですかね。直輝も素晴らしい選手だけども、プレースタイルが、少し違うんでしょうね。関根は、最初からそうでしたよ。最初のワンプレーは、君らがいなかった、無観客試合の清水戦でしたけども、テレビでみんな見ていて分かったんでしょうね。次の試合でもワンアクションで相手を二人くらい交わしたんですよね。あれでみんなの心に火がついたんじゃないですかね。あのような選手は久しくいなかったですからね。

椛沢:だから、ボールを持った瞬間に仕掛けろ!という声がかかる。

(残り 4219文字/全文: 4721文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ