浦和フットボール通信

MENU

「勝つ姿勢は最後まで見せろ」ゴール裏からの試合レビュー Jリーグ第18節vsヴィッセル神戸戦(2014/8/4)

kobeh

前節、宿敵鹿島戦では、1-1の引き分けに終わり、無失点記録、連勝記録が途絶えた。夏場の連戦を考えると、ここでのストップは致し方ない部分があったと思う。続く試合は、ホーム埼玉スタジアムに、ヴィッセル神戸を迎えての一戦となった。アウェーでは1-3と逆転負けを喫し、近年はなぜか相性の良くない相手でもある。

首位に立っているチームとして、埼玉スタジアムの観客動員数は26,494人と空席が目立つスタンドは寂しい所がある。ホームゲームが続く日程のせいなのか、花火大会が各所で行われる中での試合のせいなのか。言い訳をすればきりがないが、勝てば人が入ると言っていたことも当てはまらなくなった今、浦和レッズの世界は徐々に縮小しているのではないかという危機感を感じる。クラブが求める熱狂は、戻ってくるのだろうか。

(残り 1077文字/全文: 1424文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ