浦和フットボール通信

MENU

河合貴子×椛沢佑一 浦和レッズ2014ライブディスカッション 「勝つためには割り切ったサッカーも必要ではないか」(2014/8/26)

SHI_2288

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを訊く「レッズ2014ライブディスカッション」。リーグ前半戦を首位で折り返し、ワールドカップ中断明けの数試合を戦った、浦和レッズの現状について、河合さんにお話を訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

無失点記録も作った前半戦

椛沢:ここまでを振り返ると、中断前は首位で折り返し、7試合連続となるリーグ無失点記録も作りました。

河合:無失点記録はすごかったね。

椛沢:去年、あれだけ失点をしたチームが、ここから失点が減ったというのはすごい現象ですよね。それには西川の存在感も大きいですし、ミシャ監督も去年失点が多いと言われたと相当意識をして挑んだシーズンだということもあって、守備意識が高くなっているように思えます。

河合:無失点の部分でも守備の構築、前からはめ込む守備としっかりとブロックを形成する守備のメリハリができてきた。行く、行かないという統一意識が出来てきているけれども、試合の90分のうちにずっと継続できているかというと、試合の展開によって、出来ない時間も出てきている。その時は西川のスーパーセーブが出る。あれはすごいね。前から追ってくれてコースを限定してくれるから、リスクマネジメントをしやすいという部分もあると思うから、西川だけの功績というわけではないと思うけども。

椛沢:守備の部分においても、継続した成果があるのでしょうか。課題があったのが出来るようになったということもあるように思えます。

河合:それは当然あると思う。ミシャさん的には、去年は攻撃重心に置いて、得点を多くするようになったけれども、失点も多くした。そうしたら失点が多いといわれる。今度は失点が減って、得点が減ると攻撃だね、といわれる。それが気に食わないところはあるみたいね。

(残り 4704文字/全文: 5468文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ