浦和フットボール通信

MENU

森脇、自分のチャントが出来て涙が出るほど嬉しかった<森脇、関根、梅崎、マルシオコメントあり>(2014/9/28)

IMG_2033

青空の下で気持ちを切り替えリフレッシュ

C大阪に惜敗した翌日の9月27日。澄み切った青空も下に、気持ちを切り替えた選手たちが、ミーティングを終えて午後1時過ぎに姿を現した。ランニングシューズを履いた那須大亮選手は「まだまだこれからでしょ!!」と笑顔を見せた。練習は、2週間前に冬芝生の種を撒き、青々と新芽が伸びたBコートを初使用した。 C大阪戦に出場した西川・槙野・那須・森脇・宇賀神・阿部・鈴木・関根・平川・柏木・李・興梠は、ストレッチを行なった後に、ステップワークを盛り込んだ軽めのランニングをして、またストレッチで身体をほぐし、ラストは交代浴でクールダウンを締めくくった。 アップ後、残りのメンバーは、ビブ組のGK岩舘、DF濱田、天野コーチ、MF関口、山田、FW阪野。ビブなし組はGK加藤、DF坪井、永田、MF青木、梅崎、マルシオ・リシャルデスに分かれてハーフコートで6対6のミニゲームを行なった。いつものミニゲームよりも人数が少ない分、スペースもありよりハードな攻守の切り替えが求められていた。また、スペースを埋めるために、積極的にポジションチェンジが行なわれていた。

(残り 1769文字/全文: 2254文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ