浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】西川「首位の力を証明したい」<西川、啓太、興梠、李、ミシャ監督コメントあり>(2014/10/4)

IMG_2123

気を引き締めて徳島戦で勝利を目指す!

練習場を覆う雲の合間から、時折り日差しが差し込む10月4日、午後2時より徳島戦に向けた試合前日練習が行われた。

アップ後、ハーフコートで紅白戦が行われ、ミシャ監督から「攻撃の変化をつけろ!」「タイミングが合えば、必ず裏を取れ!」と檄が飛んだ。特に、オフザボールの時の動きだしの意識を選手たちに要求していた。サイドのポジションでプレーしていた梅崎選手は、中に入ってからチェックの動きで相手DFの背後をついたり、シャドーの李選手は退いてボールをもらうふりをしてDFの裏を狙っていた。パスが出て来なくても、動き直しを大事にしていた。また、紅白戦ではめったにやらないFKを織り交ぜ、セットプレー崩れの相手のカウンターを意識していた。徳島戦に向けて浦和は、念には念を入れた練習を行なっていた。全体的に、ビブ組みの距離間が良く、チャレンジしてボールをビブなし組みに奪われても直ぐに奪い返し、2次、3次攻撃が出来ていた。

(残り 1805文字/全文: 2225文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ