浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】浦和レッズレディース、首位キープ!!<吉田監督、猶本、和田、加藤、清家コメントあり>(2014/10/11)

2位の岡山湯郷ベルに4-1で逆転勝利

夜の帳が下り、眩いばかりの照明灯にピッチが照らされた。10月10日、エキサイティングシリーズ第4節浦和レッズレディース対岡山湯郷ベル戦が、浦和駒場スタジアムにて午後18時キックオフで行なわれた。 浦和は、前節の千葉レディースに勝利して勝ち点11と伸ばして首位に立った。対する岡山湯郷は、勝ち点10で2位。譲れない女の直接対決となった。 スターティングイレブン 浦和は、GK平尾 DF堂園 乗松 高畑 和田 MF柴田 猶本 岸川 加藤 FW吉良 後藤。湯郷は、GK福元 DF加戸 北浦 水島 高橋 MF葛間 中野 宮間 浅野 FW有町 松岡。 IMG_20141010_211756   浦和のキックオフで始まった試合は、「絶対に勝つぞ!」と気合が入る浦和の出鼻を挫くように、前半8分ゴールライン際を有町選手にドリブルで粘れ、マイナスのパスを松岡選手が上手くニアーで合わせ、岡山湯郷の先制点が決まった。 しかし、1失点をしても浦和は、落ち着いてボールを保持しながら、積極的に攻撃を仕掛けていった。13分には、ゴール前に岸川選手が飛び出し、14分には、柴田選手のスルーパスに吉良選手が飛び出すも合わず。何度もゴール前にチャンスを作り、岡山湯郷に脅威を与える攻撃はするものの、なかなかゴールネットを揺らすことが、出来ずにいた。そして、漸く23分、和田選手のアーリークロスのこぼれ球をエリア内で吉良選手が身体を張って拾い、加藤選手に横パスを出すと、加藤選手の落としを走り込んで来た和田選手が右足を振り抜き同点ゴールを決めた。     その後も浦和ペースで試合が進むが、チャンスを生かせずに1対1で前半を折り返した。追加点こそは奪えなかったが、浦和ペースになれた要因としては、岡山湯郷のキープレーヤーであるなでしこジャパンキャプテン宮間選手の対応がチーム全体で上手く行っていた。 後半も前半と同様に浦和ペースで試合が進むが、決定的なチャンスを生かせない。 吉田監督は、72分に吉良選手から清家選手へ、77分に加藤選手から大滝選手を変える采配で攻撃の活性化を図った。85分に猶本選手がドリブルでエリア内へ相手DFを引きつけながら侵入していたクロスに柴田選手がファーサイドへ飛びこみ逆転。その後、反撃を仕掛ける岡山湯郷に対して、清家選手のワントップでカウンターを狙った。85分には大滝選手のパスを受けた清家選手がドリブルで仕掛けてPKを得ると自ら決めて3点目。更に清家選手は、86分にダメ押しの4点目を決めて試合を決定付けた。残り約5分に斉藤選手を入れて5DFでしっかりと守り切った。 IMG_20141010_211811 再三の決定的なチャンスをものに出来なかった浦和であったが、終わって見れば4対1の快勝で2位岡山湯郷を突き離して、首位をキープした。

吉田監督「苦しい時間を乗り越えて力を出せるようになった」

吉田靖監督は「最初に先制されて厳しい試合だった。ずっとホームで勝てなかったので勝って良かった」と安堵の表情を浮かべた。そして「宮間に一発でやられてしまうセットプレーは、やばい!やばい!と思っていた。宮間のセットプレーを封じることが出来ないから、良いボールが来てもマークを外すなと選手には言っていた。ハーフタイムには、勝ちに行く!引き分けではダメだ!何としてでも勝ち切ると話してピッチに選手を送り出した。だいぶ、チームとして苦しい時間を乗り越えて力を出せるようになった。成長した」と話し、「中2日での試合(アウェー新潟戦)は、厳しいですが、乗り越えていかないと優勝は出来ない。(レギュラーシリーズ)最後に悔しい思いをしたことが、生きている。今は、自信を持って勝ち点を積み上げて行く」と身を引き締めるように話した。

(残り 1452文字/全文: 2952文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ