浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】直輝、阪野が手応えを感じる。練習試合VonDs市原戦~1試合目<直輝、阪野、平川コメントあり>(2014/10/11)

IMG_2287

練習試合VonDs市原戦~1試合目

少し汗ばむ陽気となった10月11日。関東1部リーグに所属するVonDs市原との練習試合が行われた。

試合は、両チームともメンバーを入れ替えて90分2本行なわれた。市原の監督は、浦和で選手経験もあり、ハートフルクラブのコーチを務めていた西村卓郎監督が指揮をとっていた。

また、1試合目にボランチで出場した山根伸泉選手は、ユニバーシアード優勝メンバーとして、坪井選手や平川選手や堀之内氏と同期入団で、浦和でプレーをしていた経験の持ち主。同期の姿をみようと三上氏や堀之内氏が応援に駆けつけていた。

1試合目はGK岩舘 DF濱田 那須 坪井 MF関口 阿部 鈴木 平川 矢島 山田 FW阪野のメンバーで臨んだ。

IMG_2357

市原は、浦和と同じシステムで3-4-3であったが、立ち上がりかなり守備の意識が高く、5バックで退いて守りに入っていた。しかし、15分平川忠亮選手のクロスを山田直輝選手がドンピシャリと合わせてトラップシュートで先制すると、19分には阪野豊史選手がDFの裏に抜け出して2点目。32分には矢島慎也選手のクロスを阪野選手が合わせて3点目を決めて前半を折り返した。ボランチの阿部勇樹選手と鈴木啓太選手が全体のバランスを上手くとり、始終浦和ペースで試合が進められた。

後半も攻撃の手を緩めることなく、後半の対上がりに阪野選手の落としを矢島選手が決めると、49分には阿部選手の豪快なミドルシュート、55分には山田直輝選手の技ありループシュートなどが決まり、65分阪野選手、70分矢島選手、81分阪野選手、84分山田選手、88分山田選手、90分関口選手と市原の選手たちの足が攣っていても情け無用にゴールラッシュとなり、12対0と格の違いを見せ付けて勝利を収めた。

(残り 1145文字/全文: 1872文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ