浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】コンディション調整、さまざまなチャレンジを確認することができた。練習試合VonDs市原戦~2試合目<柏木、マルシオ、市原西村卓郎監督コメントあり>(2014/10/11)

IMG_2318

先制点を許すも4-2で市原に勝利

1試合目よりも日差しが厳しく感じる午後1時キックオフとなった2試合目は、両チーム共にメンバーを総入れ替えして臨んだ。市原の3バックの真ん中で、浦和から岡山へ移籍した坂本和哉選手がリーダーシップをとっていた。2試合目のメンバーは、GK加藤 DF槙野 永田 森脇(斉藤)宇賀神 青木 柏木 梅崎 マルシオ・リシャルデス 李 FW興梠で挑んだ。

IMG_2361

試合開始4分には、ペナルティーエリア内で李忠成選手が倒され、PKを得たものの、李選手のPKはGK正面。先制のチャンスを逃してしまった。市原は、1試合目と同じように5バック気味であったが、全体的に守備の統率がとれていて組織として守れている印象があった。また、サイドに数的優位を作り浦和のサイド攻撃を上手くケアしていた。

なかなか、自分たちの攻撃の組み立てが出来ない中で、21分森脇良太選手がトラップした瞬間を狙われ、ファーサイドに走り込んだ荒井良太選手に決められ先制点を献上することとなった。浦和は、失点から目が覚めたのか?!縦パスのチャレンジやワイドの展開など見られたが、相手のGKのナイスセービングに阻まれてしまった。30分マルシオ・リシャルデス選手のCKを李選手が頭で合わせて同点に追いつきて前半を終了。嫌なムードを払拭するかのように、後半になると少しづつリズムを取り戻し、永田充選手のロングフィードに反応したマルシオ選手が、ワントラップでDFの裏を抜けて冷静にゴールを決めて逆転。62分には、マルシオ選手の落としたボールを青木拓矢選手がDFの裏を狙った縦パスを興梠慎三選手が決めて3対1とリードを広げた。しかし、その3分後には、藤牧祥吾選手に決められてしまったが、77分には柏木陽介選手のシュートがクロスバーに当ったこぼれ球を槙野智章選手が押し込み4対2で快勝した。

(残り 1731文字/全文: 2492文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ