浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】鬼門の仙台で勝利を誓う<森脇、李、マルシオ、宇賀神、ミシャ監督コメントあり>(2014/10/17)

IMG_2475

鬼門アウェー仙台でミシャ監督の誕生日を祝福し首位キープを狙う!

大原の練習場の木々も色好き始め秋の気配が深まって来た10月17日、午前10時から仙台戦に向けて試合前日練習が始まった。 恒例のハーフコートのミニゲームでは、仙台を意識してビブなし組みは、4-4-2のシステムでビブ組みの前線3人に対しマンマークしながら数的優位を作っていた。 そしてビブなし組は、しっかりとした守備からカウンターを狙っていた。そのため、ビブ組は、ボールをポゼッションしながらも流れの中で崩せなかったが、鈴木啓太選手や阿部選手の相手クリアーボールのセカンドをしっかりと拾う意識が見られ、根気よく攻撃を組み立てていた。 また、阿部選手からの縦パスをビブなし組みがインターセプトすると、ミシャ監督は、空かさずフリーズを掛け、相手DFと駆け引きをしながらチェックの動きや視野を広げる身体の向き、パスを受けるタイミングなど事細かく指導した。

(残り 1768文字/全文: 2168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ