浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】レッズレディースはベレーザに破れる<堂園、猶本、高畑、岸川、吉田監督コメントあり>(2014/10/19)

先制したものの、日テレに1対2と敗戦

雲一つない爽やかな秋空が、男子の仙台戦敗戦から「今日は女子の試合だ!気を引き締めて行こう!」と浦和を愛する人々の背中を後押してくれているような天候に恵まれた、浦和駒場スタジアム。エキサイティングシリーズ第5節を終了した段階で、勝ち点17と首位で折り返したレッズレディースは、10月19日、勝ち点12で3位につけている日テレベレーザと対戦した。

浦和のスターティングイレブンは、GK平尾、DF堂園、乗松、高畑、和田、MF柴田、猶本、岸川、加藤、FW後藤、吉良であった。一方、日テレは同じ4-4-2のシステムであったが、165㎝の長身の山口麻美選手とスピードとドリブルやパスなどテクニックに定評がある籾木結花選手のツートップで挑んで来た。

IMG_20141019_184454

午後1時キックオフで始まった試合は、立ち上がり3分左サイドを和田奈央子選手と加藤千佳選手がワンツーで切り崩し、走り込んで来た猶本光選手がシュートを打つと見せ掛けて、落としのボールを、堂園彩乃選手が豪快なミドルシュート!惜しくもクロスバーに直撃すると、カウンター合戦の様相を見せた。

IMG_20141019_184528

ベンチから吉田監督の「前から!(前線から守備)」「下がるなぁ!!(DFラインを高く保て)」と大声が響くとレッズレディースは、前から嵌めこむ守備でコンパクトにして、本来の自分たちのリズムを取り戻し始めた。

そして20分、日テレ陣内で得たFKを堂園選手がファーサイドに流すと、相手DFのこぼれ球をペナルティーエリア内で拾った加藤千佳選手がシュートを狙うも相手DFがクリアーボールを岸川奈津希選手が左足で押し込み先制。その後は、落ち着いて相手のスペースを使い、走り込む意識が高い攻撃を見せるものの追加点が奪えず、30分には日テレの籾木選手にFKを直接狙われクロスバーに助けられるシーンも見られた。

IMG_20141019_184503

前半を1対0で折り返すと、後半立ち上がりから日テレのパスワークからの猛攻撃で、浦和は押し込まれてしまい、間延びしてセカンドボールも拾えなくなってしまった。60分、籾木選手にドリブルで運ばれて左サイドに展開されて、長谷川唯選手のクロスをファーサイドで大きくクリアーを狙うが、不運にもボールが足元に入ってしまいこぼれ球を原菜摘子選手に決められて同点にされてしまった。

追加点を狙って、72分に浦和は大滝麻未選手と清家貴子選手を導入し反撃を試みるが、84分、ショートコーナーから原選手にドリブルで突破され、マイナスの折り返しを木下栞選手が冷静にシュートを決めて逆転を許してしまった。

試合終了間際に、絶好のポジションで得たFKを岸川選手が狙うも、ゴール右角に弾かれて同点のチャンスを逃してしまった。先制したものの、日テレに1対2と敗戦。勝ち点2差に詰め寄られる痛い黒星となってしまった。

男子の練習後に応援に駆け付けた柏木陽介選手と宇賀神友弥選手は「俺たちが、悪い流れを持って来てしまった」と悔しそうに話していた。残す試合は4試合。日テレ戦の敗戦を力に変えて、1戦1戦を大切に優勝を目指して行く。

吉田監督「あと4つ勝てば優勝できる」

試合後、吉田監督は「前半は、途中から流れが変わってこちらのペースで支配が出来て、1点獲れた。相手が強く、ボールの動かし方も上手く、良い選手がいた。後半は、前半のような闘い方が出来なかった。共通意識を持って、相手に押し込まれても打開することが出来なかった。前半にプレスを掛け過ぎて、疲れが出たのか間延びしてしまいゲームを支配されてしまった。途中から入れた選手もフィットしなかったのは、誤算であった」と悔しそうに話し、「あと4つ勝てば優勝出来る。我々の良さを出して行けば勝てる!」と頼もしい言葉を口にした。

(残り 1356文字/全文: 2885文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ