浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう】後悔の最終戦から一夜。それぞれの2014シーズンを振り返る。<興梠、坪井、森脇、那須、関根、啓太、西川、岩舘、直輝コメントあり>(2014/12/7)

IMG_3515

2014シーズンの締めくくり

目前で『優勝』を掴み獲れずに終わった最終戦から一夜明けた12月7日。晴れ渡る太陽の光が眩しく、練習場を吹き抜ける北風が冷たく感じた。シーズン中であれば必ず行なわれる試合翌日のクールダウンも行なわれず、選手の影もないピッチが今シーズンの終わりを告げていた。午前10時からミーティングを行ない今シーズンを締めくくった。

興梠「勝負弱さがでた」

ラスト2試合、腓骨骨折の影響でピッチに立てなかった興梠慎三選手は「昨日、終わってG大阪の優勝シーンが沢山テレビで流れて、悔しい思いが込み上げて来た。みんな、頑張ってくれたと思う。選手全員、悔しい思いがある。課題は、勝負弱さだと思う。来年は、アジアのタイトルを一番獲りたい。怪我して約1カ月やってなくて、体力が落ちている。オフになるけど、自分は休養では無く、1カ月で身体を鍛え上げる」とオフを献上して来シーズンに備える構えを見せた。

坪井「色々な物を背負うのが重荷になるのであればピッチに立つ資格はない」

契約満了で浦和を去ることとなった坪井慶介選手は「チームが悔しい思いをして強くなるように、自分も悔しい、寂しい思いをして強くなれると信じてやって行く」と話し「サポーターを含めて、浦和には特別な雰囲気があるし、プレッシャーがある。浦和でやって行く選手は、いろいろな物を背負って行くそれが、重荷になるのであれば、ピッチに立つ資格はない」と浦和愛をもって苦言を呈した。そして、訪れたファン・サポーターと握手を交わし練習場をあとにした。

(残り 1736文字/全文: 2381文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ