浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】レッズレディース、元日決勝へ!<吉田監督、堂園、清家、吉良、池田コメントあり>(2014/12/28)

いざ、元日決戦へ!

なでしこリーグ優勝を飾ったレッズレディースは、2冠を目指し皇后杯準決勝でジェフレディースと対戦した。今年最後の日曜日となった12月28日、味の素フィールド西が丘サッカー場にて14時キックオフで行なわれ、4315人の観客が見守っていた。

レッズレディースのスターティングイレブンは、GK池田、Df高畑、堂園、和田、乗松、MF斉藤、岸川、柴田、加藤、FW吉良、後藤。

リーグ戦で怪我した猶本光選手と藤田のぞみ選手の復帰が待たれる中、リーグ終盤と同じように2列目のワイドのポジションの柴田華選手をボランチで起用して挑んだ。対するジェフレディースは、リーグ戦とほぼ同じメンバーで、なでしこリーグ得点王となった菅澤優衣香選手中心に固い守備からの攻撃力を持っている。

前半の立ち上がりから、レッズレディースはボールをポゼッションするものの、シュートまで持ち込めずに苦戦をしいられることとなった。サイドに揺さぶりを掛けるが、ジェフレディースのDFラインが高く保ちコンパクトにしているために、バイタルエリアまでボールをなかなか運べず、相手DFの裏を狙うことも出来なかった。

激しい中盤の攻防の中、ジェフレディースはインターセプトしてから縦に早い攻めで、菅澤選手や深澤理沙選手に決定的なチャンスを作られてしまった。しかし、GKの池田咲子の好セーブやDF陣の踏ん張りでゴールを許さず0-0で前半を折り返した。

先制点が欲しいレッズレディースは、後半からスピードに定評がある清家貴子選手を斉藤あかね選手に代え、吉良千夏選手をワイドにポジションに配置して勝負にでた。トップに入った清家選手に相手DFの裏を狙らわせるが、なかなかリズムが変わらない。苦しい展開が続く中、64分に後藤三知選手が粘ってCKを獲得。和田奈央子選手が蹴った左CKを堂園彩乃選手が頭で合わせて、待望の先制点を手に入れた。

しかし、その直後の67分、安齋結花選手に右サイドをドリブル突破され、クロスを菅澤選手がファーサイドでヘディングシュート。決まったかと思いきや、池田選手がなんとかかき出してピンチを防いだ。このピンチを凌いだ69分、相手DFの零れ球を拾った清家選手がスピードに乗ったドリブルで持ち込み、右足でゴールに叩き込んで2点目を決め、73分にも相手GKが飛びだしを見逃さずに清家選手のシュートは、無人のゴールへと吸い込まれていった。3-0とリードしたレッズレディースは、84分に石井咲希選手を入れて5DFにして逃げ切りを図った。最後まで攻撃の手を緩めないジェフレディースは、試合終了間際に菅澤選手のシュートがクロスバーに当り、その跳ね返りを深澤選手に身体で押し込まれて、意地の1ゴールを決められてしまった。レッズレディースは無失点で勝利を収めたかったが、3-1でジェフレディースを下し、皇后杯決勝へと駒を進めた。

決勝の相手は、リーグ戦で優勝争いをしていた日テレベレーザだ。今シーズン、2勝1分け1敗の成績である。得失点差でリーグ優勝を決めたレッズレディースは、皇后杯を掲げることで、真の女王であることを示したい。そして、皇后杯の栄光で新年のスタートを飾りたい。元日決戦は、味の素スタジアムにて14時15分キックオフだ。

吉田監督「やるからには優勝しないと意味が無い」

試合後、吉田靖監督は「非常に厳しいゲームだった。前半はジェフのペースで、危ない場面を凌ぎ切った。セットプレーで点が入って落ち着きを取り戻した。ジェフは、高いDFラインで、コンパクトにしてくるので裏を狙わないといけない。清家を入れるのが勝敗のポイントだと思っていた。ジェフの(DFの)幅を広げることを狙ったが、そこから奪われて危ない場面を作られてしまった。清家には、チャンスがあったら、浅い裏を突いて行けと指示した」と安堵の表情を浮かべた。決勝の相手となる日テレベレーザについて「ベレーザが一番強い。我々よりも間違いなく力はある。得失点差でリーグは、うちが一番上になっただけだ。やるからには、優勝しないと意味が無い。粘って、粘って、我々の良さを出して勝利を獲得したい」と話した。

選手コメント「堂園、清家、吉良、池田」

(残り 1315文字/全文: 3034文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ