浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の大原なう番外編】レッズレディース皇后杯決勝で敗れる<吉田監督、柴田、後藤、堂園、清家、臼井コメントあり>(2015/1/1)

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝で日テレベレーザに破れる

小雪舞い散る元日、味の素スタジアムにてレッズレディースは2冠を目指し皇后杯決勝を日テレベレーザと対戦した。レッズレディースのスターティングイレブンは、GK池田、DF高畑、堂園、和田、乗松、MF斉藤、岸川、柴田、加藤、FW吉良、後藤と準決勝とメンバーは変わらなかった。対するベレーザは、キャプテン石清水梓選手や坂口夢穂選手を中心にこちらも準決勝とメンバーが変わらずに挑んで来た。

両チームとも前からプレスを掛けるスタイルで、女の意地の張り合いが予想された。しかし、試合はゲームの立ち上がりからベレーザが主導権を握り、レッズレディースが得意と
する前線からの嵌めこむ守備で、奪ってから早い攻撃の組み立てが出来ずにいた。そんな展開の中、19分に阪口選手が攻撃の起点となり、田中美南選手に縦パスが入りドリブル突破をDFが止めるもこぼれ球を籾木結花選手に拾われドリブルシュートを撃たれてしまった。籾木選手のシュートは、GK池田咲紀子選手がクリアーしゴールを死守するも、不運にも田中選手の目の前にボールがこぼれてしまい、冷静に田中選手が決めて先制されてしまった。

先制点を決められてしまい、苦しい展開となったレッズレディースは、中盤のバランスを崩してしまいバタついたが、ベンチから吉田靖監督が「落ち着いて!大丈夫だから!」と選手たちに声を掛け、28分に準決勝のジェフ戦で2ゴールを決めた清家貴子選手を投入し反撃を試みた。38分には、相手陣内で柴田華絵選手がインターセプトしてドリブルシュートでゴールを狙うもののゴールネットを揺らすことは出来なかった。前半の終了間際には、主導権を握れたレッズレディースだったが、流れの中でシュートまで行けず0-1で前半を折り返すこととなった。

逆転勝利を目指すレッズレディースは、後半から左サイドバックを和田奈央子選手から、臼井理恵選手に代えて、サイドを起点に相手DFに揺さぶりを掛けた。61分には、岸川奈津希選手が思いっ切り良いミドルシュートを狙うもゴール僅か上に外れてしまった。左サイドで加藤千佳選手と臼井選手のコンビネーションで何度も崩すしチャンスを作るが、ベレーザの守備も堅くシュートまで持ち込めずにいた。83分、右サイドバックを堂園彩乃選手から石井咲希選手に代えて両サイドからの崩しでゴールを狙い、最後の笛が鳴るまで諦めずに最善を尽くし闘ったレッズレディースであったが0-1で惜敗。

1ゴールの重みに泣いた。レッズレディースを下したベレーザは、第36回皇后杯を1回戦から無失点記録で優勝を決め、通算11回目の優勝に花を添えることとなった。
2015年、皇后杯優勝で輝く年明けを迎えることが出来なかったが、悔しさを噛みしめ零れ落ちた涙は、2015年シーズンに向けての誓いの涙となった。

吉田監督「苦しいゲームだった」

試合後、吉田靖監督は「苦しいゲームだった。前半、ベレーザにペースを握られたが、選手交代でペースを変えようと思ったが、思うように出来なかった。ボールを奪ってからの展開で、思うようにボールを動かせず、ベレーザも攻守の切り替えが早く、良い形が作れなかった。前半、1点獲られてからDFの裏を突くことも出来ず、追加点を奪われそうだったので早めに清家を入れる決断をした。清家を入れたことは、縦へのメッセージだったが、縦1本は、岩清水とかいたから難しかった。試合のポイントとして、阪口と原、籾木を自由にさせないことだった。そこを自由にすると両サイドバックが出て来るから、圧力を掛けるプランだった。点を獲られてから、行けずに押し込まれてしまった。押し込まれたのが早すぎた。猶本のボールの収まりや前への推進力がいなかったのは、大きかった。柴田が右サイドでボールアクセントになるが、柴田を中で使うしかなく、2つの良いところが消えてしまった。最後までしっくりと来なかった」と悔しそうに話した。怪我で猶本光選手を欠き、リーグ終盤から柴田選手をボランチで起用し苦肉の策で決勝まで勝ち上がってきたが、決勝の舞台では通用する相手ではなかった。

柴田、後藤、堂園、清家、臼井コメント

(残り 1730文字/全文: 3450文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ